FAQ(よくある質問)

以下には、「相談」、「調査料金」、「調査」、「報告」についてお問い合わせの多いものを掲載しておりますので参考にして下さい。またその他ご質問がございましたら、お電話又は「お問い合わせ」から何なりとお尋ねください。

相談について

Q.相談にはいくらかかりますか?

A.ご相談そのものは無料です。ただ、遠方の方とのご相談でこちらから出張する場合には、出張費をお願いすることもあります。その場合には事前に出張費用を申し上げますので、その上でご判断ください。

Q.相談したら契約しないといけないのですか?

A.ご相談では調査する場合の必要な状況を聞き取り、調査プランとそれに係る見積りを提案します。また更にご質問をしていただき不安を解消していただくための席です。ですから契約に直結するものではありません。お互いの合意なくして契約はありえませんのでご安心ください。

Q.相談は予約しないといけませんか?

A.お手数ですが、ご予約をお願いします。他のご相談や複数の調査の実施により、急なセッティングができないことが多々あります。また、調査を成功させる上でもいきなり調査ではなく、内偵(準備)が必要なこともありますので、できるだけ早めにトップページの予約表を参考にご連絡、ご予約をお願いいたします。どうしても急な場合はその旨をお伝えください。できるだけご都合にお応えできるように致します。
※予約状況は、随時変更していることがありますのでご了承ください。


料金について

Q.調査料金はいくら位かかりますか?

A.私たちは広告費を必要最小限に留めていますので、調査費用は高額ではないものと自負しています。ただ、調査の内容に依りそれは千差万別です。例えば、調査日数や時間、場所、職業、行動パターン、その他手がかり(情報)、調査員数などが要件となります。更に調査目的を達成させることを最優先としていますのでそれに見合う無駄の無い成功率の高いプランを相談担当者が経験をもとに検討・提案致します。悪戯に兎に角『安い』ということだけはしていません。
ここではっきりとした回答ができず申し訳ありませんがご理解ください。

Q.調査料金はいつ払うのですか?

A.原則はご契約時にお支払いいただき、その後調査を開始します。ただ、ほとんどの方はご相談時にはご用意しておられないので数日中のお支払いで構いません。その他ご都合がある際は遠慮なくお申し出ください。お預かりした調査はお支払い前でも契約書に従い、可能です。ただ、調査結果のご報告は全額お支払後となりますのでご理解ください。(尚、クレジットカードの取り扱いは致しておりません。)

Q.後で追加料金や経費を請求されたりしませんか?

A.ご契約時の価格は全て込みの料金(消費税も)が原則ですのでご安心ください。滅多にありませんが万が一、お預かりしたプラン内で収まりそうもない場合又はその可能性がある場合には、必ず事前にご相談をさせていただきます。(例えば)尾行中に対象者が突然航空機を利用して大阪や九州などへ出張や旅行するような想定外の場合です。通常は、ご依頼人の了承なくして追加料金が発生することはありません。


調査について

Q.急に尾行をお願いしたり、延長などはできますか?

A.まずご依頼人(契約済み)の方はいつでもご連絡を下さい。調査のスタート場所や予定などを教えていただき優先的に手配をします。契約書には「実施日の12時間前までに」との記載がありますが、できる限り対応させていただきます。
ご依頼いただいてない方の場合は、お電話で詳細をお聞かせいただき対応できるか判断した上で、それからの手配となります。この場合、通常料金より割高になりますので、ご了承ください。

Q. 証拠とはどんなものをいうのですか?

A. ここで言う証拠とは裁判で使用することを前提としたご依頼人に有利となる材料です。それは即ち裁判官に信用してもらえるというものになります。互いの言い分を聞きますからどちらが本当なのかをあらゆる証拠から判断されるはずです。その中には私たちの調査による写真であったり、資料なども含まれます。またあなたの日記など日常生活の中で相当するものも証拠として採用されます。
問題はその中身です。不倫による不貞証拠の場合には、例えば、配偶者と浮気相手とのメールを写真などに保存できたとして、その内容から男女の関係を証明できるものなのかを審議されます。また日記も後から書き加えたなどの明らかに作為的なものは採用されません。その見極めのために事細かに内容を検証するのです。
証拠がなければ太刀打ちできないという相手ならば、当然不完全な若しくは中途半端なものではいくらでも言い逃れをするはずです。浮気相手と相談していたり、誰かにアドバイスを受けているかもしれません。要は証拠として信用度が高いかどうか?『常識的に考えて』や『社会通念上』『一般的に』など、どう受け止めてもらえるかがとても重要です。
ですから、状況証拠よりは確実な現場の確認と写真等の確保が最も有効で証拠能力としても最高のものであると私どもは考えております。
あなたのお手持ちのどんな証拠が有効か?追加でどんな証拠が必要なのか?を弁護士とご相談の上、具体的に仰って下さればその証拠取りのための調査を致します。

Q.尾行に失敗したり、気付かれませんか?

A.通常はあり得ません。ご依頼人の過失や何らかの事情で対象者に知られたりしない限りは気づかれることは限りなく失敗も無いものと考えていただいて構いません。
例えば、対象者が尾行された経験がある。ご依頼人が自分自身または友人などと協力して執拗に追い回したことがある。
携帯電話を黙って覗いたことが見つかってしまった。探偵に依頼したことが対象者に伝わってしまった。
以上のような場合などでは、対象者が非常に警戒する為、失敗等追跡は困難となりますが、だからといってできないことはありません。方法を変えて対応致しますのでご相談下さい。とても大切ことなので、正直にお話し下さい。
万が一、尾行に気づかれたとしてもご依頼人と私どもとの関係が証明されないよう配慮していますので、ご依頼人の皆様は対象者に何を言われても絶対に認めない、口を割らない覚悟をしてください。

Q.どんな調査でも受けてもらえますか?

A. 差別に関する調査や違法調査、別れさせ工作などはお預かりできません。また調査結果の利用目的が違法行為に該当する場合やそう考えられる場合もお預かりできません。また調査途中でそれがわかった場合には調査を中止します。返金も致しませんのでご注意ください。尚、お預かりした所在調査中において、対象者が海外にいる可能性が判明した場合のみ海外での調査継続は致しますが、その他の海外での調査は原則お預かりしておりません

Q. 人探し調査は、必ず見つかりますか?

A. 対象の方が単に疎遠になり、いつの間にか引っ越しなどでわからなくなってしまった場合と悪意のある対象者が逃げている場合とでは、全く難易度が違いますので結果も変わります。前者の方が明らかに容易ではありますし、後者はよほどの手がかりや時間がないと判明が難しいものと推測されます。裁判所から許可をもらい強制的にプライバシー情報を得るもの(携帯電話位置情報、戸籍関係、IPアドレス情報など)ではありませんので、必ずというお約束は致しかねます。ただ内容にもよりますが別の調査方法により総じて8割前後の確率で所在判明に至っております。
ケースバイケースなので、まずは状況をお知らせください。

Q. 全国どこでも調査できますか?

A. もちろん対応可能です。ただ遠方ですとその分出張などを考慮したお見積りになりますことはご了承ください。また急に現地で対応が必要な場合に到着が遅れる可能性もあります。遠方のご依頼については、ご当地の同業者へのご依頼と私どもへのご依頼とを併せてメリット・デメリットを一度比較検討いただいた上でご依頼ください。


結果報告について

Q.報告はどのようにしてもらえますか?

A.調査に依っても報告の仕方は数通りあります。電話やメールでのご報告、報告書でのご報告などです。ご依頼の際に、ご希望をお申し付けください。報告書は、書類(B5サイズ)や写真、動画(DVD)などです。
尚、報告書は1部のみ発行します。再発行は致しませんのでご了承ください。

Q.終了後でも相談に乗ってもらえますか?

A.もちろんです。浮気調査において、離婚や浮気相手への慰謝料請求を決めている場合には、早々に弁護士へのご相談をお奨めします。その他、この先どうしていいかわからない、いつ話をするべきか、誰と一緒に話し合いの場を設けたら良いかなど、真実が分かったら次のステップです。何でもご相談下さい。できうる限りお力になります。