各調査一覧

調査は、浮気調査をはじめ実に色々な調査があります。ご依頼は一つとして同じものはありませんし、時間の経過とともに状況も変化します。あなたの状況の詳細をお聞きした上で初めて調査方法や必要とされる期間(日数・回数)が決定され、お見積りの提案できます。
調査料金は非常に重要な要素ですが、調査目的を達成するということが何よりも最優先であることは言うまでもありません。皆様お一人お一人の状況が違っていても目的を成し遂げられるように真剣に熟慮致しますので、当サイトで具体的な料金のご案内ができず恐縮ですがご理解ください。
また調査方法についても企業秘密の部分が多い為、本サイト内での掲載は控えさせていただきます。ご相談の際に極力ご説明致しますので併せてご理解の程宜しくお願い申し上げます。

浮気調査

大切なことは、早急にそして気づかれずに浮気の証拠を確保しておくということです。そして、離婚も選択肢の一つにしておられるという方は、配偶者に隠している資産が無いかの把握を必ずしておく必要があります。

素行調査

特定の人間の行動を確認する調査です。趣味や性癖、時には違法行為に手を染めているということもあります。
家族だからただ漠然と信じたい、それは本当の信用ではありません。何かが起きてからでは遅いこともあるのです。

所在調査

浮気相手の住所、家出した家族の行方、以前の交際相手、初恋の人、音信不通の友人、恩師、お金を貸している、SNSで出会った人など、会いたい/連絡を取りたい/知りたい人を探します。情報により調査方法や費用は多様です。 


信用調査

取引相手として相応しいかどうか?またどんな人物なのか?従業員の仕事ぶりや学歴、職歴などに虚偽がないか?競合他社の関係者と接触していないか?服務規程に違反する副業をしていないか?不適切な関係がないか?など。
特に金銭貸借における相手と連絡が取れなくなる事が多発しています。事前に調査することをお勧めします。


結婚調査

婚約者について、例えば暴力、お金、浮気性など…の調査。また結婚詐欺が疑われる場合です。当事者は夢中なので気づきません。理由は何であれ、金銭を無心されたら即詐欺対策でご相談下さい。  


盗聴器・盗撮器発見調査

自宅、職場、車内、法的規制がない為大量の機器が販売され設置されています。身内や関係者が仕掛けているケースが多く中には特殊な専門機器もございます。ご相談の際は、盗聴盗撮の危険のない安全な場所からご連絡ください。 


ストーカー対策

ストーカー規制法の充実により警察がしっかり力になってくれますので、まずは警察にご相談下さい。ただ、証拠が不十分な場合など対応に尚不安があるときには専属でお力になりますのですぐご連絡ください。 


いたずら・嫌がらせ対策

継続して被害にあわれている場合に確実なその証拠が必要です。こういった場合には、毅然と対処することが大変重要です。警察への被害届は出しておいてください。 


その他の調査

その他様々な調査があります。隣人調査、自身の風評・評判調査、潜入調査、特殊調査、ペット探しなど、ご連絡いただければお力になれそうか否かの判断をさせていただきますので、安心してご連絡ください。 


※差別に関するものや法に抵触するような調査、別れさせ工作などは致しません。