ストーカー対策


平成12年11月に「ストーカー行為等の規制等に関する法律」が施行されました。
ストーカーの認知件数は平成26年は2万2,823件、うちストーカー事案における検挙件数も2,473件を記録しました。
ニュースとして世間をにぎわせている殺人事件も数が増えています。
平成25年に一部改正されたメールの送信行為も規制対象になることで警察への相談により約90%は解決しているとのことですが、年々被害件数は増加の一途を辿っています。
(平成29年は相談23,079件、刑法など検挙1,699件で内殺人1件未遂が8件、ストーカ―規制法検挙926件)

当然ですが、まずは警察にご相談の上で相手に警告や禁止命令をしてもらって下さい。ほとんどの場合はこれでストーカー行為がなくなるそうです。
ただ10件中1件は、それでも事態が収拾しないケースがあるのが事実です。ご自宅周辺の警戒を強化したい、尚一層の対策をしておきたい、相手の行動も念のために知っておきたいなどございましたらすぐにでもご相談ください。あなたやご家族の安全・安心を最優先に考えて専属で遂行、お守りいたします。
ご相談時には、原則被害者ご本人とどなたかご家族の同席が必要です。