各調査一覧

調査は、浮気調査をはじめ実に色々な調査があります。ご依頼は一つとして同じものはありませんし、時間の経過とともに刻一刻と状況も変化するでしょう。あなたの現在置かれている状況をよくお聞きした上で、初めて調査方法や必要とされる期間などが決定され、お見積りの提案が可能となります。
確かに調査料金はとても重要な要素ですが、調査目的を達成するということが何よりも最優先であることは言うまでもありません。
皆様お一人お一人の状況が違っていても目的を成し遂げられるように真剣に熟慮致しますので、当サイトでは具体的な料金のご案内ができず大変恐縮ですがご理解ください。
また調査方法についても特殊な調査などにつきましては企業秘密に関するものが多い為、本サイト内での掲載は控えさせていただきます。ご相談の際には可能な限りご説明致しますので併せてご理解の程宜しくお願い申し上げます。

浮気調査

パートナーの行動に気になるような事があれば迷わずに一度ご相談ください。今後の展開やリスクについてをお話しするだけでも、いざという時に落ち着いて行動できます。特に対象者には絶対に気づかれない事が必須となります。

素行調査

特定の人間を24時間または限定的に行動を監視する調査です。交友関係や不審な行動、不法行為の確認など目的は様々です。対象者のことを殆ど何も知らない場合にいただくようなご依頼です。

所在調査

浮気相手の住所、家族の行方、以前の交際相手、初恋の人、音信不通の友人、学生時代の恩師、お金を貸して連絡がつかない相手、SNSで出会った人など、会いたい・連絡を取りたい・どうしているか知りたい人を探します。 


信用調査

人となりを含め取引相手として相応しいかどうか?仕事ぶり、学歴・職歴、その他虚偽がないか?服務規程に違反する行為に及んでいないか?不適切な関係がないか?など目的に応じた調査となります。


結婚調査

お子様の婚約者について暴力、ギャンブル、浮気性など…の調査。また結婚詐欺が疑われる場合のその実態調査があります。後者の場合、理由は何であれ金銭を無心されたら、すぐに調査して対策を講じるべきです。  


盗聴器・盗撮器発見調査

自宅、職場、車内、法的規制がない為大量の機器が販売され設置されています。身内や近しい関係者が仕掛けているケースが多く、単に機器を発見するのみならず安心できる生活のための根本的な解決が望まれます。 


ストーカー対策

ストーカー規制法によりまずは警察にご相談下さい。その上で証拠が不十分な為に、相手に必要な措置を講じられない場合や身辺警護の必要性を強く感じられる場合など不安要素があれば、専属の調査員がお力になります。 


いたずら・嫌がらせ対策

継続または断続的に被害にあわれている場合、その確実な証拠が必要となります。こういった場合には、毅然と対処することが大変重要です。警察への被害届は出しておいてください。 


その他・コンサルテーション

その他にも様々な調査がありますが、調査できるかどうかについてはご連絡・お話下さればお力になれそうか否かの判断をさせていただきます。また有償でのコンサルテーションも承っております。 


※差別に関するものや法に抵触するような調査、別れさせ工作などは致しません。