浮気調査

 

○○○○○○○○イメージ


夫婦間や婚約中においては、民法上の不貞行為(不法行為)は貞操義務違反となりますので法的に責任追及できます。離婚や婚約破棄の場合には慰謝料、特に離婚では、協議や調停で解決しなければ裁判となりますが、原因がどちらにあるかでその後の生活に大きく影響します。しかし必ずしも離婚や婚約破棄ではなく、パートナーが本当に反省してくれるならやり直したいという方も多くいらっしゃるのも事実です。

特に気を付けて頂きたいのは、悪戯に時間が経過してしまい突然相手から「別れてくれ」、「妊娠した」などと告白されてしまうこと。そしてご自身(または友人に頼んで)パートナーをつけ回したり(尾行)、浮気を追求して警戒されたり気づかれてしまい証拠が取れなくなってしまうことです。
この問題については、早すぎるということはありません。別れるにしてもやり直すにしても、不貞の証拠をとりあえず確保しておくということが、絶対的なあなたの切り札になります。

ご依頼の際には、誤解のないように調査方法や段取り、ご協力頂きたいことなど分かりやすくお話ししますのでご安心ください。また証拠の他に「婚姻を継続し難い重大な事由」や不貞の回数や交際期間による慰謝料などへの影響についてや他にどんなものがあったらよいかなどにも触れさせていただきます。
補足ですが、パートナーの携帯電話に勝手に妙なアプリ等を入れると「不正指令電磁的記録作成等(刑法第168条の2)」により処罰されかねません。その他にも冷静さを欠いていつの間にか違法行為に及んでしまう方がおられます。その結果、証拠として認められないことも考えられますので十分ご注意ください。