所在調査


所在調査においては、比較的簡単なケースと非常に困難なケースがあります。
困難なケースとは、対象者があなたに何らかの悪意をもっている場合です。
つまり振り込め詐欺の類や結婚詐欺、出会い系サイトで金銭貸借がある場合などです。
多くは氏名などを偽っている可能性が非常に高いからです。
ただ可能性はゼロではありませんから、まずは状況をお聞かせ下さい。

また家出人捜索については、まずは警察に届けてください。ただ家出人が18歳未満や事件性ありのケースでないと、警察も「少し様子を見て下さい。」ということもあるようです。その際には躊躇せずご相談ください。
中には、知人・友人や恋人、知らない異性、又は浮気相手の所に転がり込んでいることもあります。
但し、家出若しくは音信不通になってから、時間が経過すればするほど本人には新しい人間関係が広がります(事件性がない場合)。その場合捜索が更に困難になるため、兎に角早急にご連絡を下さい。
ご依頼の際には、家出人の居住空間と所持品などを確認させていただくこともありますのでご了承ください。
※尚、調査開始後に家出人などが幸い戻られたり、見つかってもご契約時に取り交わした調査料金の変更、返還はございません。十分ご理解の上ご依頼ください。